上尾市陸上競技協会公式サイト > ジュニア

▼ 新規入会者体験練習 ▼

本クラブへの新規入会時期は春(4月)・秋(10月)期の年2回のみです。 期の途中からの入会は行っていません。 また、体験練習も入会時期のみにおこなっています。 見学はご自由に来てご覧いただいて結構です。

クラブ員募集について


■2018年度の活躍■
只今更新作業中です!!暫くお待ち下さい。

ジュニア陸上クラブの活躍は
上尾ジュニアFaceBookと合わせてご覧ください

クラブ員の活躍 ・ OB達の活躍

●第18回キッズクロスカントリーリレー大会●

●2018フルマラソン●
世界記録に挑戦する会

●第7回きたもと駅伝競走大会●

●第13回彩の国小学生陸上クラブ●
駅伝競走大会
 気温11℃ 絶好の駅伝日和となった11月24日熊谷スポーツ文化公園陸上競技場で第13回彩の国小学生陸上クラブ駅伝競走大会が開催されました。 この大会は1区間1.5Kmを1・3・5区を女子選手、2・4・6区を男子選手が走る男女混合で襷を繋いで行われる駅伝競走大会です。 唯一優勝経験がないこの大会に4チームが優勝を目指して出場しました。
 結果は、Aチームが優勝、Bチームが9位と大活躍をしました。 今年はT&F種目で競う秋季クラブ交流大会 、そしてこの駅伝大会とクラブ対抗戦形式の2大会で優勝を飾ることができました。

4区・6区で区間賞を獲得

初優勝!! おめでとう!!

●2018上尾シティマラソン●

 

●2018埼玉チャレンジカップ●
 11月4日今シーズン最後のトラックレースとなる2018埼玉チャレンジカップが上尾運動公園陸上競技場で開催されました。 自己記録更新と強化指定標準記録突破を目標にシーズンの締め括りのレースを頑張りました。  
 


女子走り幅跳びで関川さんが5m00(+1.4)の大ジャンプで優勝

●第59回東日本実業団対抗駅伝競走大会●
2018彩の国実業団駅伝
ボランティア協力
 11月3日は旧中山道を走る東日本実業団駅伝対抗駅伝競走大会です。本クラブは練習前に上尾区間で応援とフィニッシュ地点の熊谷スポーツ文化公園陸上競技場でフィニッシュした選手に花束をプレゼントするフラワーボーイのお手伝いをこの大会が旧中山道を走る様になってから続けています。 今年も20人がフラワープレゼンターとして大会のお手伝いをしました。
 
上尾を通過する2区では練習の合間に道路で選手の応援しました。



設楽啓太(日立物流)選手と一緒に!!

●第31回彩の国小学生陸上クラブ交流大会●
 10月13日熊谷スポーツ文化公園陸上競技場で第31回彩の国小学生陸上クラブ交流大会が開催されました。 春の交流大会は個人戦のみでしたが秋の大会では1位から8位までの入賞者の順位得点合計で競う団体戦も行われます。 団体戦では28年大会の時に11点差で宿敵しらこばと陸上クラブに団体戦連覇記録を途切れさせられて昨年奪回でき新たな連勝記録への挑戦が始まった今年の大会 6年生にとってはタップリとプレッシャーがのし掛かる大会でした。 入賞得点が2倍になるリレー種目の予選でバトンミスで決勝進出を逃した男子リレーメンバーにとっては、いつも以上にプレッシャーが掛かる大会でした。 団体戦の結果発表ではスクリーンに映し出された得点を見た瞬間に競技場が壊れそうな6年生男子の大きな歓喜の声が響き渡りました。
決勝進出を逃した男子リレーメンバーたちの応援風景



宿敵しらこばと陸上クラブに大差をつけて連覇を達成して優勝トロフィーを高々と上げる!!

●第60回上尾市民体育祭●
優秀選手表彰式
 最高気温31℃ 10月の気温とは思えない10月7日上尾運動公園陸上競技場で第60回上尾市民体育祭が開催されました。 開会式では今年度学校や体育協会加盟団体で活躍をした優秀選手の表彰式が行われました。 8月に開催された全国小学生陸上競技交流大会に出場した清水君と2年連続受賞の関川さん、そして5月26日彩の国KIDS陸上大会の1000mで2分58秒10で今シーズン日本一の記録で優勝した篠君の上尾市民3人が表彰されました。 お隣の桶川市でも桶川市表彰式が行われワジェロ・リサさんが表彰されました。 
 

●第19回キッズコロシアム大会●
 9月17日東京都江戸川区立陸上競技で関東小学生陸上競技連盟が主催大会に出場しました。 この大会は関東(東京、埼玉、千葉、神奈川)で活動する関東小学生陸上クラブ№1を決める大会です。今年も上尾から選手と応援団を大型バス2台に分乗して戦いの場となる江戸川区立陸上競技場に出陣しました。
 2004年の大会で総合優勝を最後に2位以上には上がれないレベルが高い大会です。昨年の3位を弾みに更に上を目指して出場しました。 最初の決勝種目となった男子走幅跳で堂脇湊君が1位となり幸先良いスタートをきることができました。  各種目で入賞を果たしましたがリレー競技で逆転され昨年の3位を1つ落として4位で今年の関東大会を終わりました。 選手は全力を出し切っての結果に満足した笑顔で競技場を後にしました。
上尾駅より大型バス2台に分乗
  
過去の総合成績

日頃の競技場と周りの景色が違います!!
 

総合順位は1つ落とし4位でしたが全力を出し切った笑顔の受賞でした。

●第3回上尾・しらこばと友好陸上競技大会●
 8月25日猛暑が続いた今年の夏休み最後の土曜日 普段の大会では宿敵同士の2クラブだけの陸上大会を開催しました。
 普段の戦いを忘れて今日はいっしょに陸上競技を楽しみました。
 昨年の大会で掴んだトロフィーを越谷に持ち帰られないよう1年生のかけっこ選手から先週の全国小学生陸上で活躍した選手も一緒に全クラブ員でしらこばと陸上クラブと得点争いをしました。  個人種目が終わり大会後半種目の男女 1-2年生10×100mR、3-4年生10×100mR、5-6年生16×100mRは大歓声で競技場が壊れるのでは?と心配になる程の歓声の中で行われました。最終種目は、両チームのエース達が、3チームずつでぶつかり合う4×100mRでは、更に応援合戦がヒートアップ! このリレー種目を制して大量得点を獲得することができ連覇を達成しました。
  
かけっこ選手も頑張りました

 
戦いを終えた両クラブのメンバー達 来年は優勝トロフィーがどちらのチームの前にあるかな?

●第34回全国小学生陸上競技交流大会●
 小学生陸上の日本一を決める全国小学生陸上競技交流大会が8月18日(土)横浜・日産スタジアムで開催されました。 男子走高跳 清水 情太郎君、女子80mH ワジェロ リサさん、女子走幅跳 関川 莉良さんの3選手が日本一に挑戦しました。 今大会最初の挑戦種目 女子80mHでワジェロ リサさんが予選で12秒38の自己ベストを更新し予選トップで決勝進出を決めました。午後からの決勝では隣りの大会新のスピードに焦りスピードが伸びず2位でメダルを獲得しました。 次の挑戦者の女子走幅跳 関川莉良さんは、1本目は好結果を予感させる大跳躍でしたが僅かにファール、2本目で4m72を跳び予選2位でベスト8進出を決めましたが、決勝の跳躍では助走リズムがバラバラで踏切位置が合わず記録を伸ばすことができず4位となりメダル獲得を逃しました。 男子走高跳に挑戦した清水情太郎君は今シーズンになって始めたばかりの走高跳で全国大会の出場権を獲得しての挑戦です。1m20から跳躍を開始し自己ベストの1m30までは1回目でクリアしましたが次の1m35をクリアできず1m30の23位で挑戦を終えました。 今回出場した3選手は、猛暑続きの中での夏休み練習を頑張った成果を十分に発揮して大会を終えることができました。
女子80mH決勝 投稿:陸上Track & field さん


挑戦を終えた3選手
 上尾から日頃一緒に練習をやっている仲間達が応援に駆けつけました。5年生は来年自分が県代表選手のユニフォームを着て競技をする姿をイメージしながら声援を送っていました。
競技開始の前には、少年少女陸上競技指導者表彰「安藤百福記念章」表彰が行われました。 この表彰事業は、子どもたちの健全な心身の育成には優れた指導者の存在が不可欠であるとの考えから、 小学生の指導者を顕彰する少年少女陸上競技指導者表彰「安藤百福記念章」が都道府県から選出された指導者に贈呈され、今後の一層の活躍を期待して表彰されます。その指導者表彰で野間コーチが表彰されました。
 
 8月18日(土)横浜・日産スタジアムで開催される全国小学生陸上競技交流大会に出場する県代表選手の最終調整合宿が上尾運動公園陸上競技場で開催されました。 上尾ジュニアからは7月に行われた県予選を勝ち抜いた3名の選手が参加しました。 女子走幅跳で出場権を獲得した関川さんは前年の5年生女子100mに続く連続出場です。 今回、コーチとして選手に帯同する山崎コーチも6年生の時に全国大会を経験しており3人の強い味方となってくれることでしょう。
 

埼玉県代表選手団

●2018上尾市陸上競技選手権●
夏季大会
 7月29日に上尾運動公園陸上競技場で開催された上尾市陸上競技選手権夏季大会に出場しました。 日頃の大会では小学生だけの大会ですがこの大会は小学生から一般競技者まで出場する競技会です。県内外の優秀な競技者や高校や中学校の陸上部で活躍する先輩たちの競技を見れる大会です。

上尾市陸上競技協会ホームページ

●第34回全国小学生陸上競技交流大会●
埼玉県予選会

兼 県民総合体育大会ジュニアの部
 猛暑を超えた激暑のことばが相応しい、7月1日 熊谷スポーツ文化公園陸上競技場で夏休みに神奈川・日産スタジアムで開催される全国小学生陸上競技交流大会の出場権を賭けた埼玉県予選会が開催されました。 本クラブでは2010年第26回大会から連続出場、6年生はその伝統を自分たちの代で途切れさせてはいけないと大きなプレッシャーが圧し掛かる大会です。その伝統の大会に今年も、50名の5・6年生全クラブ員が挑戦しました。 全国大会へのチケットは各種目1位の選手だけに与えられます。
出場した全選手この大会に向けての練習成果を発揮し、今春新規入会で全国大会出場権を獲得した男子走高跳の清水情太郎君、2位に1秒の差をつけた女子80mHのワジェロ リサさん、KIDS陸上に次ぐ優勝の女子走幅跳 関川莉良さんの3選手が全国大会出場を決めました。 全力を出し切った出場選手と出場権を獲得した3選手、是非とも横浜では今日以上の笑顔を見せてもらいたいです。
 

 8月7日、全国小学生陸上競技交流大会に出場する3選手が畠山市長を表敬訪問しました。3選手は大会での活躍を約束、市長より世界をめざせる選手になれるように頑張って下さい。と声援を頂きました。

左より 中村監督、関川さん、ワジェロさん、畠山 稔市長、清水君、矢島会長
全国小学生陸上交流大会
歴代出場選手一覧
クラブ設立の2002年より

大会結果 埼玉陸上競技協会HPへ

●第30回彩の国小学生陸上クラブ交流大会●
 6月16日熊谷スポーツ文化公園陸上競技場で県内の小学生陸上クラブに所属する4年生以上陸上競技大会が開催されました。 KIDS陸上は学校行事の関係で参加できなかた多数のクラブ員にとっては今シーズ最初の競技会です。 5・6年生は全国大会県予選の前哨戦となる大切な大会です。女子の活躍が目に付くなかっで男子に課題が残る結果となりました。
大会結果 埼玉陸上競技協会HPへ

●第17回 彩の国KIDS陸上競技大会●
 上尾運動公園を管理する公益財団法人埼玉県公園緑地協会が主催する県内の小中学生を対象とする陸上競技大会が5月26日上尾運動公園陸上競技場で開始されました。 今春より新たに上尾ジュニアクラブ員になった新クラブ員と4年生にとっては初めての本格的な陸上競技大会です。 そして既クラブ員にとっては冬季練習の成果を確認する大切な大会でもあります。
女子走幅跳に初挑戦した関川さんが追い風参考ですが4m91の大ジャンプで優勝、女子100mではワジェロさんが13秒15の好記録で初戦を飾りました。 女子の活躍に負けてられないと初挑戦の男子走幅跳でも太田君が1位となり冬季練習の成果を披露しました。 この冬全国クロカンの練習でスピード練習に取り組んだ篠君が男子1000mでサブ3の2分58秒10で2位以下に大きく差をつけてフィニッシュするレースを見せてくれました。



 



 

大会結果 埼玉陸上競技協会HPへ

●第60回 東日本実業団陸上競技選手権大会●
 5月19-20日熊谷スポーツ文化公園陸上競技場で開始された東日本実業団陸上競技選手権大会の小学生4×100mRに男女各2チームが出場しました。 初めてリレー種目を経験する選手ばかりでの今シーズン初の競技会に出場しました。男子Aチームがオーバーゾーンで失格となり敗退する中で男子Bチームが6位、女子Aが1位、Bチームが8位の活躍をしました。 今シーズンは女子チームの活躍が期待できそうです。
 
 

大会結果 埼玉陸上競技協会HPへ


●2018先輩・コーチの活躍●
 
    
■熊井裕人(立教新座高)先輩 2018福井国体で大活躍!! 

成年男子4×100mR埼玉県リレーメンバー
上の写真をクリックすると熊井先輩の走りを見る(.mp4)ことができます。
 2018福井しあわせ元気国体の埼玉県代表選手として出場中の熊井裕人(立教新座高)先輩が
大活躍する様子が届きました。
競技場に応援に訪れた永川コーチの声援に笑みが浮かびました。
撮影者 永川芳彦コーチ(福井県単身赴任中)
   
■熊井裕人(立教新座高)先輩 4冠達成!!   
5月11日から13日熊谷スポーツ文化公園陸上競技場で開催された 平成30年度学校総合体育大会で熊井裕人(立教新座高)先輩が、男子100m、200m、4×100mR、4×400mRの4種目に出場し短距離種目の4冠を達成しました。
 ●100m      10秒63(0.1)
 ●200m      21秒41(+1.5)
 ●4×100mR     41秒09
 ●4×400mR  2分22秒07
 
■小川修司コーチ M75 200m 埼玉県新記録達成!    
 ゴールデンウィーク最終日の5月6日上尾運動公園陸上競技場で埼玉県マスターズ陸上競技記録会が開催され、かけっこクラブのコーチとして活動に協力して頂いている小川修司コーチがM75クラスの200mに出場して大会新と県新記録を達成。
みんなのスーパーお爺ちゃん』ぶりを証明しました。 
■第34回静岡国際陸上 斎藤萌乃(日本女子体育大)先輩 出場!! 
 5月3日静岡エコバで開催された第34回静岡国際陸上に齋藤萌乃(日本女子体育大)先輩が出場しました。 
 


結果 埼玉陸上競技協会ホームページ

 

2002年に設立し今日までの活動の記録を残しています。 クラブも14期生を送り出すことができましたことは、ご父兄の皆様のご協力があってのことと存じます。 今後ともクラブの運営にご協力を頂きさらに成長して行きたいと思っております。


上尾ジュニア陸上クラブは、 関東小学生陸上競技連盟登録クラブです。

 

関東小学生陸上競技連盟


掲示板が新しくなりましたご利用ください。会員以外の方の書き込みも勿論OKです。 掲示板へ

 

ご意見・ご要望は E-Mailで 上尾市陸上競技協会事務局

ホームページ管理人:中村久敏